この記事を書いた人
みのり

「節約主婦のセミリタイア」管理人。

■40代のパート主婦。
■夫と子供2人の4人家族。
■共働きで8000万円を貯めて、早期退職しました。
■現在は、最小限の働き方で、自由な時間を楽しんでいます♪

みのりをフォローする

お小遣いもキャッシュレスで!【貯金を増やす・家計管理】

家計管理

前回、クレジットカードがメインの家計簿のつけ方を紹介しました👇

クレジットカードがメインの家計簿のつけ方。
キャッシュレスでお金が貯まります。クレジットカードなどのポイ活のススメ。

あらためて、家計の支払い方法を見直し、現金⇒キャッシュレスに変更できるものがないか考えてみました。

見直した結果、

夫のお小遣いを一部キャッシュレス

にすることにしました!

我が家の家計簿から、どこまでキャッシュレス化できるか考えてみましたので、参考になれば♪

基本情報

◎夫:正社員

◎妻:扶養内パート

◎小学生

◎年長

アラフォー夫婦+子ども2人の4人家族です。

★持ち家(マンション)

★車あり

固定費のキャッシュレス化

まずは、2022年5月の家計簿から、「固定費」のキャッシュレスはどこまで進んでいるか確認します👇

項目金額      支払方法 
住宅ローン51,000円   △
管理費・駐車場代など   25,000円   
電気代 5,800円   
ガス代 4,200円   〇
水道代 4,200円   
携帯電話料金 2,100円   
マンションwifi 1,100円   
おこづかい(夫)40,000円   ×
おこづかい(妻) 7,500円   
おこづかい(上の子) 300円   ×
保険料 4,800円   △
新聞代  0円   
小学校 6,000円   
保育園 7,800円   △
習い事(上の子)14,300円   
習い事(下の子) 7,300円   △
合計 181,400

支払い方法欄

:クレジットカードなどのキャッシュレスでの支払い

:口座引き落とし

×:現金での支払い

■水道光熱費・通信費:クレジットカード払い

■住宅ローン、教育費:口座引き落とし

口座引き落としの分は、クレジットカード払いは出来ないので、キャッシュレスは無理です・・。

でも、毎月口座から引き落とされるので、手元に現金が必要になる訳ではないので手間はありません。

お小遣い(夫・子):現金

固定費では、お小遣いのみが現金支払いです。

ここをキャッシュレス化すると、手元に必要な現金を減らせます。

妻(私)のお小遣いは現金渡しではなく、予算の中から使うだけなので、決済方法は自由に選べるため、主にクレジットカード払いにしています。

みのり
みのり

「固定費」では、キャッシュレス化への検討項目は、お小遣いのみ!

家計簿にはないけど、交通費の現金払いが痛いです。

夫の仕事で必要な交通費は、給料からもらっているので、家計簿には書いていません。

しかし、交通費の支払いは現金でしか出来ないのが、痛いところ((+_+))

みのり
みのり

夫はバス通勤で、バスカードに現金をチャージする方式です。

チャージするとプラスでもらえる金額もあるので、お得になります。

でも、この分毎月現金が手元に必要になります。

クレジットカードで支払えたら、ポイントももらえるし、現金が少なくて済むのでその方が助かります。

私の場合は、キャッシュレスにした方が、貯蓄を増やせると思っています。

変動費のキャッシュレス化

続いて、「変動費」がどこまでキャッシュレス化できているか、確認します👇

項目      金額     支払方法
食費・外食費32,700円  
日用品費 1,800円  
医療費 6,600円  △
娯楽費3,400円  △
交通費 400円  △
交際費5,300円  △
夫費 0円  
合計50,200円

:クレジットカード払い

△:カード払いor現金払い

食費・日用品については、ほぼカード支払いが出来ています。

日用品は、楽天ペイやメルペイなどのポイント払いで買うことが多く、たまにネットスーパーで支払う分もカード払いです。

外食費も、ほぼポイント払いで、支払いが発生する場合はカード払いにします。

夫費(夫にかかる費用)も、何か買い物を頼まれたときは、ほぼカードで買います。

食費・日用品・夫費は、キャッシュレスOK!

残りの項目は、出来る限りカード払いをしています。

例えば医療費では、最近はカード支払いできる病院や薬局が増えていますよね。

でも、現金でしか支払えないところもあるので、その場合はしぶしぶ現金で支払います。

その他の費目は、出来る限りキャッシュレスで!

みのり
みのり

現金でしか払えないところがある限り、やっぱり多少の現金は必要になりますね。

変動費では、これ以上のキャッシュレス化は難しい。

お小遣いのキャッシュレス化

家計の支払い方法を確認した結果、夫と子の「お小遣い」のみがキャッシュレス化の検討対象になりました。

子どもの場合は、お金の計算にもなるし少額なので、そのまま現金渡しとします。

お小遣いをキャッシュレスにしても、家計から支払うお金は同じです。

でも、現金として渡す金額が減れば、

家に置いておく現金を少なくできる

銀行に行って、お金をおろす回数がさらに減らせる

というメリットがあり、お小遣いをもらう夫にとっても、

支払い時にスピーディーに会計できる

何に使ったか分かりやすい

使った分、ポイントが戻ってくる

というメリットもあります。

夫との話し合い結果

夫にお小遣いのキャッシュレス化を提案したところ、

夫

別にいいよー。

でも、ある程度は現金も必要だから、現金と半々で!

とあっさりOKでした。

クレジットカード払いにすると、上限なく使えるし、家計の支出と混じってしまうので、

paypayにお金をチャージする

ということに決まりました!

お小遣い4万円の内訳 】

■現金:2万円手渡し

■paypay:2万円チャージ

paypayは、口座から毎月チャージします。

みのり
みのり

毎月4万円を渡すのは大きかったので、現金払いが減って嬉しいです♪

夫曰くpaypayなら、色んなお店で使えるから良いとのこと。

paypayに銀行口座登録しましたが、夫が勝手に追加チャージすることはないと信用しています。

まとめ

色んな支払いをキャッシュレスで支払うことで、ポイントが貯まり、また別の支払いをポイント払いすることもできます。

私にとっては、ポイ活は楽しいですし、ポイントのために無駄なモノを買うこともないので、カード払いにすることでお金が貯まります!

今回改めて我が家のキャッシュレス化を考えましたが、

・カード払いできるモノの限界がある!

(マンション管理費とか学校の諸費等は、今後もカード払いは難しいですよね。)

・街で支払いする分は、カード払い対応のところが増えていくことに期待したい!

と思いました。

では、最後までお読み頂きありがとうございました!!

カード払いで、支払いに困る人の心理がよく分かります👇

みのり
みのり

ドラマも面白かったですが、その後の本も面白いです👇

財布は、ミニ財布で身軽に♪👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました