この記事を書いた人

「節約主婦のセミリタイア」管理人。

■40代のパート主婦。
■夫と子供2人の4人家族。
■共働きで8000万円を貯めて、早期退職しました。
■現在は、最小限の働き方で、自由な時間を楽しんでいます♪

みのりをフォローする

学生時代負け組でも、社会人から勝ち組に!【お金と幸せの関係】

暮らし

どうもー^^ご訪問ありがとうございます。

40代パート主婦、みのりです。

先日、小学校の参観に行ってきました。

教室内には、子どもたちが書いた絵や工作などが貼りだしてありました。

それを見て、「すごい絵が上手な子がいるな~。この子なんか、めっちゃ字上手いやん!すごいなー」と感心すると同時に、

うちの子は、これと言って得意なモノないよね・・・

と思いました。

そして、授業中、恥ずかしがり屋の我が子は、一切手を挙げずに、発言することもなく授業が終了・・・。

みのり
みのり

正直、私に似てるな、と思いました。

勉強ができる訳でもなく、運動も得意ではなく、その他工作系も至って普通の我が子。

性格は、大人しく控えめで、周りの積極的に発言したり活動する子が、正直眩しいです((+_+))

でも、係の仕事などはすごく真面目にやるし、友達や家族に優しく、勉強も習い事も継続する力がある子です。

これまでの人生経験から、

学生時代は負け組でも、社会人から勝ち組になればそれで良し!

と親としては思っています。

「勝ち組」と言うのは好きではないですが、分かりやすい表現かなと思い使っています。

みのり
みのり

人と比べるのではなく、自分の中で幸せであってほしい。

学生時代よりも社会人になってからの方が、人生ずっと長いです。

今は周りよりも劣っていたり遅れているように見えていても、自分の努力次第で、将来幸せになれると思っています。

夫も、不遇(?)の子ども時代・学生時代だったようなので、夫婦共通の思いです。

負け組の子ども時代&学生時代

私の子ども時代は、貧乏&両親の不仲という環境でした。

★詳しくは、こちらの記事で👇

【準富裕層】の私は、貧乏育ち。
貧乏育ちの私。お金がない子ども時代を過ごしたことが、お金を貯める原動力になりました。

学校でも、これと言って取り柄のない子どもでした。

勉強も運動も普通。。。

地味で人見知りだし、自分の意見を言うなんてめちゃくちゃ苦手でした。

我が子の方が、私の何倍も勉強しているし、友達とも上手くやっていると思います。

夫の方は、私と違って社交性がありますが、勉強は全然できないし、自発的にもやらない学生時代だったようです。

夫は中学時代の教師と合わず、厳しい指導を受けたことで、人間不信になったという話もありました。

子ども時代~学生時代までの勝ち組って、

友達が多く、積極的な性格

勉強ができる

スポーツや吹奏楽など特技がある

て感じでしょうか。

社会人からの『勝ち組』ってどんな人?

続いて、社会人になってからの勝ち組は?

お金がある。

円満な家庭である

生きがいを持っている。

私の主観ですが、👆を兼ね備えていると、「人生幸せ~」じゃないでしょうか。

お金がある。

お金ブログらしく、まずお金のことを入れました(^^;)

どんな人でも、

お金と幸せは関係がある

と思うのです。

たくさんお金がある=幸せではなく、必要金額人それぞれですね。

お金があることで、自由な選択肢が増え、自分のしたいことを実現することが可能になるのは、事実です。

私の場合は、貯金がある程度出来たことで、仕事を辞めることが出来て、

自由な時間ゆとりができた

のですが、お金がなければ、今もフルタイムで忙しく働いていたと思います。

円満な家庭

家庭が安定していると、気持ちも安定します。

不仲な両親の元で育ち、今は円満家庭の私ですが、家庭の環境が自身の幸福度に大きく関係していると実感しています。

既婚・未婚、子あり・子なし

に関わらず、

家庭の状態が平穏

であれば、人生の幸福度が高くなりますよね。

生きがいを持っている。

生きがいは仕事だったり、趣味だったり、人との関わりだったり、人それぞれ。

そういった生きがいを持っていると、心も体も健康に過ごせると思います。

人の価値観ではなく、自分が「楽しい。夢中で過ごせる。」と思えることがあるなら、幸せなことだよなあ、と思います。

子どもの頃より社会人になってからの方が、人生ずーっと長い。

私は正直、子ども時代は家も学校も楽しくなかったし、高校・大学になってからも自分に自信がないまま過ごしていました。

でも、

小学生(6歳)~大学卒業まで(22歳)

👉17年間。

社会人(22歳)~天寿全うまで(80代?)

👉約60年間。

社会人になってからの方が人生ずー--っと長いです。

もちろん、学生時代も楽しく過ごせるのが1番良いですが、大人になってからの方が長いので、どちらかと言うと、社会人以降の人生の方が重要ではないか、と思います。

勉強が出来て大手企業に就職した人が、仕事が出来てお金に不自由しないとは限らないし、積極的で友達が多かった人が、結婚後、円満な家庭を築けるとは限らない・・・。

社会人になってから、色々な変化がありました。

勉強も不得意で、人見知りだった私が、

・何年も勉強を続けて、希望の職種に転職した

・自分の考えや意見を持ち、人前で発言することができるようになった

仕事で数百人の前でしゃべるとか、小学生の私からは考えられない・・

といった変化がありました。

夫も、社会人になってから勉強するようになり、(おそっ(笑))資格を取ったり昇進するなど、努力し稼げるようになりました。

みのり
みのり

大人になってからも進化できる!

まとめ

お金があり、円満な家庭・自分の生きがいがあることで人生の幸福度は上がるという話でした。

人生の幸せは、

大人になってからが肝心

と、夫婦共に考えています。

子どもに対し、

・勉強も能力も普通で良い。

・人よりほんの少しでも得意か、苦手ではない部分を磨いて強みにしてほしい。

・将来、自分で稼ぐ力をつけて、自立してほしい。

というのが、親として思うことです。

そのためには、子どもたちには、

■何事も、自分はどう思う?どうしたい?を考えて決める

■考えた結果、実際に行動して継続する

ことが出来るようになってほしい、と思っています。

みのり
みのり

自分で考える力が大事!

では、最後までお読みいただきありがとうございました!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました