この記事を書いた人

「節約主婦のセミリタイア」管理人。

■40代のパート主婦。
■夫と子供2人の4人家族。
■共働きで8000万円を貯めて、早期退職しました。
■現在は、最小限の働き方で、自由な時間を楽しんでいます♪

みのりをフォローする

家計簿公開!家計の見直しは「固定費」から。

家計管理

固定費について、2022年3月の家計簿から実際の額を公開します。

私なりの固定費の削減ポイントについてもお話しますので、参考になれば嬉しいです♪

ちなみに、家庭のお金の管理は私がすべて行っています。(夫はお金に全く興味なしです。)

基本情報

◎夫 正社員

◎妻 扶養内パート

◎小学生

◎年長

アラフォー夫婦と子ども2人の4人家族の家計簿です。

★持ち家(マンション)

★車あり

家にかかるお金

※100円未満は四捨五入した額です。

住宅ローン51,000円
管理費・駐車場代など 25,000円 
合計76,000円

住宅ローンは、2000万円借りました。

管理費や修繕積立金・駐車場代などは、マンションの場合ローン返済後も継続してかかるお金です。

修繕積立金は将来上がっていきますし、ずっと固定費としてかかり続けます。

老後の住処をどうするかまだ決めていませんが、年金生活でもマンションであれば払っていかないといけないので、負担になりそうですね。

私は車はいらないけど・・・

車は夫の希望で所有しています。

私はほとんど乗らないので、必要なときに借りたらいいのでは?と思っています。

でも、夫が急遽車で出勤することもあるので、夫が現役の間は車所有になりそうです。

みのり
みのり

削減ポイントは

身の丈に合った住宅ローン額に設定する

車を手放すことも検討する(我が家はできてないけど・・)

です。

水道光熱費

電気代 7,300円 
ガス代5,300円
水道代4,300円
合計16,900円

水道光熱費ってこんなもんですかね??

水道光熱費は我慢すると健康に影響すると思っているので、全く節約していません。

結婚当初と比べると、大幅増!

結婚した年(約10年前)の同じ月の水道光熱費です👇

◎電気代 1,700円

◎ガス代 3,500円

◎水道代 2,000円

合計 7,200円!!!!

今と比べると約1万円違います・・。

自宅にいる時間が短く、子どもたちがいないことの影響??

正直安すぎてビックリ( ゚Д゚)

今は光熱費も値上がりしていますよね。

みのり
みのり

水道光熱費の削減ポイントは、

無駄な使用は抑える

個人的には、光熱費の削減はあまり考えていません。

通信費

携帯電話料金などの通信費:3,200円

携帯電話は、私は0円なので夫の料金のみです。

夫は仕事でも使用するので、どうしても通信料かかってしまいます。

夫婦で「楽天モバイル」です。

マンションのwifi、自宅では使い放題で助かっています。

みのり
みのり

通信費の削減ポイントは、

大手キャリアにこだわらずに、安く抑える

妻は外での使用量を抑え、0円に!

おこづかい費

夫婦+上の子のお小遣い:47,800円

おこづかいの目安は、給料の約1割と言われていますよね。

夫のお小遣削減は、仕事のやる気に影響すると思うので考えていません。

小学生の子どもにも毎月お小遣を渡しています。

毎回、残額の確認をしているので、お金の計算になりますし、自分で本当に買いたい物なのかよく考えるようになりました。

みのり
みのり

削減ポイントは、

妻のおこづかいは、設定は必要だが額を抑える

です。

妻のお小遣費の設定は必要だと思います。

他の項目に妻が使った分が、紛れ込んでしまうので。

その他

保険料 4,800円 
新聞代3,900円
合計8,700円

新聞代は、正直取ってない方も多いと思いますし勿体ないのかもしれません。

でも、夫婦共に新聞を読みたいと思うので、我が家では必要経費です。

新聞代はもったいない?固定費の削減・節約
新聞代はもったいないのか?節約・削減方法を考えました。
みのり
みのり

削減ポイントは、

◎無駄な保険を解約する。

高額療養費制度もあるので、貯金がある場合は多くの保険は必要ないと思っています。

子どもにかかるお金

■保育園・小学校の諸費・給食費:12,000円

■習い事:21,600円

総合計:33,600円

教育費、お金かかりますね・・・。

習い事は、子ども自身がやりたいと思うものをさせたいと考えています。

今後習い事が増えるかもしれませんし、塾に行き始めると塾代がおそろしいですね(^^;)

みのり
みのり

削減ポイントとして、

◎子ども自身がやりたくて楽しんでいる習い事かどうか。

◎習い事より大学費用を貯めることを優先する。

です。

固定費、総合計は?

以上、2022年3月の固定費の総合計は👇

186,200円!

節約したくないところはしませんが、コストを下げられるところは見直して下げています。

支出を抑えるためには、「固定費の削減が重要!」とよく言われますよね。

それは事実だと私も思います。

みのり
みのり

固定費が再確認できたので、もう一度見直せるところがないか考えてみます。

一緒に支出を抑え、貯蓄を増やしていきましょう♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました