この記事を書いた人
みのり

「節約主婦のセミリタイアblog」管理人。

■40代のパート主婦。
■夫と子供2人の4人家族。
■共働きで8000万円を貯めて、早期退職しました。
■現在は、最小限の働き方で、自由な時間を楽しんでいます♪
■資産形成に役立つ情報を発信しています。

みのりをフォローする

【準富裕層】の私は、貧乏育ち。

暮らし

どうもー^^40代パート主婦です。

以前に記事にしましたが、私たち夫婦は、5000万円以上の準富裕層になります👇

貯金5000万円になって変わったこと。
準富裕層になって変わったこと・思うことについて。1億円までの道のりは遠いですが、コツコツやっていきます。

結婚後に共働きで増やした分が多いですが、私が独身の頃に貯めたお金が2000万円以上あります。

独身時代に貯められた理由については、以前に記事にしたのですが、

子どもの頃貧乏だった

ことも貯金する上で、大きな影響があったと思います。

食べるモノにも困るぐらいの貧困家庭じゃないけど、決して裕福な家庭ではなかったので、

将来への不安が大きく、お金を貯める原動力になった

と言えます。

会社員の父と専業主婦の母。

60代の母は、私が小学生の間は専業主婦で、中学生になってからパートを始めましたが、そのあと事故やら病気やらで、働けなくなりました。

なので、パートで働いた期間は短く、父と結婚後は、ほとんどの期間が専業主婦でした。

父は定年まで勤めていましたが、途中でリストラにあって収入が激減したりと、給料は少なく(母がそう言っていた)、贅沢するゆとりはありませんでした。

子どもの頃の暮らし。

お金をかけないところ。

社宅住まい

ボロボロ社宅に住んでいたので、おそらく賃料は激安。

外食なし

ごくたまに、中華料理店(有名チェーン)に行くことはありましたが、母が、「お父さんは、この店にしか連れて行ってくれない。」等と余計なことを言ってケンカになるので、外食するのが苦痛でした。

父と母は仲が悪いです

夫は同じ中華料理店でも「安いし、美味しいからいいやん。」と言っていて、子どもの頃のイヤな思い出の店が、夫となら楽しく外食できるお店に変わりました。

市販のお菓子は買わない。

おやつは、母が手作りしたもの。

レジャー・旅行なし

家族で遊ぶとしたら、公園や山登り。

服は買わない。

子ども服は、母が手作りしていました。

今思うと、裁縫が出来てすごいな、と思うのですが、当時は市販の服も欲しかった。

学用品は、お古。

新しく買ってほしいと思うことがあっても、お金がかかるので、母に言い出すことができませんでした。

リコーダーが学年で色が違っていて、1人色が違うのがイヤだったりとか。

誕生日のプレゼントはなし。

クリスマスはサンタさんが来てくれましたが、希望のモノがもらえずガッカリ・・・。

友達のお誕生日会のプレゼントは、母の手作り。

みんな可愛い文房具とか市販のモノなのに、友達に渡すのが恥ずかしかったです。

普段の生活は、質素倹約。

みのり
みのり

少なくとも裕福ではないですよね?

お金をかけるところ。

普段節約して貯めたお金を

習い事や大学費用

など教育費にはお金を使ってくれた、と思います。

大学には、奨学金を借りずに行かせてくれたことは、本当に感謝しています。

お金は、教育費へ。

子どもの頃思っていたこと。

私は、「うちは、よその家より貧乏だ。」と感じていました。

高校生になって、周りの友達が、

・自動販売機で、お茶を買う。

みのり
みのり

お茶なんて家でつくれるやん!

・コンビニで、からあげや中華まんを買う。

みのり
みのり

コンビニで買ったら、高いやん!

・学校帰りに、マクドナルドに行く。

みのり
みのり

数えるほどしか食べたことないよ!

など、何のためらいもなく、ぜいたく品にお金を出すのを見て、衝撃を受けました。

印象に残っているのは、全部食べ物(笑)

大人になり・・・

私は、

・両親の仲が悪く、家にいることが楽しくない

・自分の欲しいもの、したいことを我慢する

というような子ども時代を送ったことで、

配偶者に頼ることなく、自分で稼げるようになりたい

将来への不安から、お金を貯めたい!

と強く思うようになりました。

まとめ

今の生活は、子どものころを振り返ると、すごく恵まれていて幸せだな、と思います。

でも、お金のことよりも

・結婚して、実家から自由になった

・自分のしたいことや、家のことが自分で決められる

ことが幸せです。

夫とは、ほとんどケンカをしないので、家庭のストレスは少ないです。

ワンオペはしんどいけど。。。

ストレスが多いと、ムダにお金を使ってしまうことにも繋がりますよね。

夫婦で、子どもたちの前で言い争うことはないので、私の子どもの頃のような家庭内ストレスは子どもたちは少ない(たぶん)と思います。

私が子ども時代で嫌だったのは、貧乏よりも両親の不仲です。

でも、父母が、仲が悪い原因の一つに、

お金がない問題

もあったのだと、思います。


貧乏だった故に、お金を貯めること・お金を稼ぐことに執着するようになったという話でした。

では、最後までお読みいただきありがとうございました!!

私の結婚観や共働き必須の時代に必要な力について書いてます👇

「一生結婚するつもりはない。」が過去最高。理想のライフスタイルと私の結婚観。
一生結婚するつもりがない人が増えています。みんなの理想のライフスタイルと私の結婚観について。

コメント

タイトルとURLをコピーしました